いろいろある乗馬用品

乗馬用品とは馬に乗る時に必要になる衣類や服飾、プロテクターなどです。
衣類から見ていくとキュロットが代表的です。一般にはスカートのように見えるズボンを指しますが本来は乗馬用のズボンの事です。身体にピッタリとフィットする、伸縮性のある素材で作られています。馬に乗った時膝や股の部分が擦れるので、その部分が丈夫に作られています。
プロテクターではヘルメットがあります。馬は大きな乗り物です。万が一落ちた時の事も考え必ず着用しなければなりません。頑丈さはもちろんですが、頭にはめて使うものなのでサイズは重要です。大きいものは脱げてしまう恐れがありますし、小さいと最初は良くても途中から頭が締め付けられて痛くなります。ピッタリのものを選びましょう。
ブーツも必需品です。ロングブーツとショートブーツの二種類あり、ロングブーツは長靴とか、ジョッキーブーツと呼ばれます。つま先から膝下まで一体型で覆っているタイプで、足首が固定されるので履き始めは少し窮屈かもしれません。馬に意思を伝えるには最適と言われています。ショートブーツはジョッパーズブーツ、チョッパーブーツなどとも呼ばれます。足首あたりまでの丈で、キュロットとブーツの上にチャップスというプロテクターを着けて足首からふくらはぎを覆います。
グローブも欠かせません。合皮や本皮、様々な素材があり、自分に合ったものを選ぶのが楽しい物の一つです。カラーやデザインも豊富なので乗馬以外で使うのも良いかもしれません。
鞭は乗馬の象徴的な品です。競馬の騎手が短鞭をふるっているのを見たことがあるでしょう。こちらもカラフルでおしゃれな品が多く存在します。自分の手に馴染むもの、馬と意志の疎通がしやすいものなどしっくり来る品を見つけましょう。
おしゃれなアイテムとしてはバッグがあります。ブーツバッグや馬具を収納するバッグなど、機能的なものや日常にも使えるキャリーやトートなどこちらも品数豊富です。
素敵な乗馬用品を見つけてください。

初心者向けの乗馬用品

背筋をぴんと伸ばして馬に乗る姿を見ると、凛々しいものを感じる人は多いと思います。手綱や足、体で馬を操り、馬の走るリズムに合わせて乗りこなしていく様は、美しさを感じることもあります。もちろんこれは乗馬に慣れている人のことで、初心者の多くは、特に初めての時には、恐々と騎乗し、ゆっくり前進するぐらいが精一杯で、どういった姿で乗っているかまでは気が回らないでしょう。それでも馬の操作方法を理解し楽しさが出てくれば、上達者の乗る姿を見て、自分の姿も意識しはじめると思います。

ところで、小さい頃から家で馬を飼育し乗っていたという人は現代ではあまりいないでしょう。一般的に馬に乗る場合は、近くの乗馬クラブなどに行くことになります。そういったところでは乗馬体験などを実施していることもあり、気軽に参加することが出来ます。乗馬用品は乗馬クラブでレンタル出来ることがほとんどなので、何か特別に持ち物の指定がなければ、運動しやすい普段着と靴だけで参加出来ます。もちろん馬は生き物ですし、また馬場は砂で雨も風もある屋外なので汚れても構わないもので参加するのがよいのと、後、女性の場合はスカートは好ましくないです。

さて、体験も済ませて通うようになれば、いつまでもレンタルではなく自分用の乗馬用品を揃えるのもいいかもしれません。といってもフル装備だとかなりの値段になりますし、上級者用の高級なものはまだ必要ないです。初心者用の乗馬用品を販売している所もあります。

最低限揃えたいものとしては、まずはヘルメットです。馬の上に乗ると頭の位置は高さ2mぐらいにもなるので必要です。次にブーツです。足で馬に指示を与えやすくなります。ロングブーツは値段が高いので、ハーフ(ショート)ブーツとチャップスの組み合わせが良いです。チャップスは足首から膝の下辺りまであるズボンなどの上から装着するものです。初心者ならこれぐらいでも十分ですが、その他にも走るとお尻や足の内側が擦れるので、一般的なズボンより破れにくい乗馬用のキュロットにしたほうがよいですし、それに手袋もあるとよいでしょう。
乗馬用品